全国ネイルサロン

「全国ネイルサロンガイド」へようこそ!ファッションに興味の多い女性の中には、当然のようにネイルアートに関心のある方もいらっしゃるでしょう。当サイトでは、個性的でオシャレなネイルアートをしたい方に対して全国のネイルサロンを紹介します。

ネイルアートは欠かせない存在

さて、ネイルアートは女性にとって、ピアスやネックレスと言ったアクセサリーと同様の地位と言っても良い状況です。また、最近ではヘアスタイルのような感覚でアレンジをしていくという意識でネイルアートを施す人もいらっしゃるでしょう。

もちろん、既に美容院のような感覚で利用している方もいらっしゃるでしょうし、実際にお店の方も美容院と同じような位置づけで多くのネイルサロンが誕生していますね。
事実、美容院と併設しているネイルサロンも。10代から20代のファッションに敏感な若者はもちろんのこと、ある程度年齢層の高い女性の方にとってもネイルアートは必要なものです。キラキラした装飾から、最低限のデザインまで様々なものがあり、店舗やネイリストによっても得意・不得意が分かれているでしょう。もちろん、極端に華美なネイルアートが禁止されている職場もあるはず。そこで、フットネイルのみを行うという人も居ます。ネイルサロンではこのようなサービスも対応しているのです。

20120923_141444

歴史あるネイル

そもそも、ネイルアートは私達が想像できないくらい長い歴史があることをご存じでしょうか。実は、紀元前3000年以前のエジプトでは、既にネイルアートの原型になるものが行われていたと記録が残されています。当時のミイラの爪を見ると、ネイルアートに近いものが行われており、階級に応じて色が変化していったとのこと。 昔のネイルアートは、政治的なニュアンスも含まれていたのですね。

一方、中国でも楊貴妃が爪を染めていたというエピソードもあります。世界各国で爪を染めたり装飾を施したりという記録があるのですが、日本でも江戸時代頃から次第に普及し始めたと言われています。

今日の日本では

現在のネイルアートについてですが、日本では1970年代頃から普及。このような歴史があった上で、今の私達の生活にも大きく影響していると言うことになります。全国には多数のネイルサロンがあります。ネイルサロンによっても得意な装飾は違いますし、極端な話、ネイリストの数だけネイルアートの方向性が存在しているのです。

さらに言ってしまえば、ネイルアートを施したいお客様の数に応じてネイルアートの種類は増えていると思いませんか。その中でも、全国各地に優れた感性を持ったネイリストが所属しているネイルサロンについてご紹介。きっと、満足出来るネイルサロンが見つかるのではないでしょうか。

◆ピックアップ地域◆

東京都23区内愛知県名古屋市内大阪府大阪市内福岡県福岡市内

◆その他地域◆

北海道・東北地方関東・甲信越・北陸地方東海・関西地方中国・四国・九州・沖縄地方