ネイリストの仕事内容

ネイリストは人気の職業

美容関係でも人気が高くなっている仕事に「ネイリスト」があがります。
それほど、若い人にも人気で、ネイリストの需要も多くなってきているということです。

そのネイリストの仕事内容とはどんな事をするのでしょうか。
ざっくり考えると、ネイルを塗る仕事のように考えますが、
実は、爪をキレイに魅せるためのスペシャリストなんです。

専門的な勉強が必要

ネイリストは専門学校等を経て、資格をとって初めてなれる職業です。
技術としては、「ネイルケア」と言って、爪の形を整えたり表面を磨いて手入れをする事、
「カラーリング」という、爪にマニキュアを塗る事、
「ネイルアート」と言って、ネイルに色々なデザインをするもの、
「リペア―」といって、欠けた爪の補修や修復をするものが上げられます。

どうしてもネイルアートやジェルネイルなど、
爪のデザインする仕事がもっともだと言えるネイリストですが、
一番の仕事は「ネイルケア」と言われています。

実際に、自分でネイルケアをするのと、
ネイリストがネイルケアをするのでは、出来がかなり違います。

その後のカラーリングもそのネイルケアの違いで、全然違ってきます。
爪はもともとがきちんとしていないと、何をしてもキレイに仕上がりません。
そこでネイルケアがとても重要になってきます。

カラーリングとネイルアート

カラーリング、ネイルアートはネイリストの、仕事内容としては有名です。

今は色々なデザインのネイルアートができるネイリストも増えて来て、
そのライフスタイルやTPOに応じて、ネイルを変えるお客様も多くいます。
そのために、そういった技術を常に学んでいく必要があります。

そういった意味では、ジェルネイルや3Dアート、
そしてラインストーンなど、新しい技術が多く出て来ています。

そのたびにネイリストは多くの技術を学び、
勉強して自分の技術を発揮していかないといけません。

ネイルだけに限らず、ファッションは常に進化していきます。
そこにどれだけついて行けれるかがネイリストの鍵でもあります。

また、ただ自分の趣味や好きなアートだけが得意であってもいけません。
お客様の思い描くアートを爪に施術していかなければなりません。

そういったことのために、お客さんとのコミュニケーションも大切な仕事の一つです。

ヒアリングが得意なネイリストは、人気が高いのがそういったワケです。
会話から、好みや思い描いているものを考えて施術するので、お客さんとしても満足です。

そういった話術も得意である方が、ネイリストとしての成功があると言えるでしょう。
センスのあるネイリストと言いますが、実はネイリストは接客業の一つで、人とのふれあいを大事にする事で、よりネイルアートに反映されていくものです。