ネイルサロンの予約方法

スムーズに予約を済ませるために

ここ最近では、ネイルサロンに行ってネイルアートをしてもらう女性も増えてきています。
色々なシチュエーションや気分によって変えてもらえるので、こまめに通う人も多いです。

そんなネイルサロンはほとんど所や「要予約」。
予約をしてからネイルサロンに行きましょう。
そういう人のために、ネイルサロンの予約の仕方をご紹介します。

電話やパソコンで予約

ネイルサロンは、美容院の一部でやっている、
またはお店でやっている他に、個人でやっている場合もあります。
いずれにしても予約が必要になります。

予約方法は様々で、電話かネット予約になります。
初めて予約をする場合は、電話をおススメします。

予約で必要な事

まずは希望日時を言います。
最終受付もありますし、
やってもらう施術によって時間が異なりますので、
まずは自分の希望時間を言いましょう。

そして希望メニューを言います。
ネイルカラー、ジェルネイル…やってほしいメニューを伝えましょう。
どれくらいの量のカラーなのか、アートなのかもここで伝えておくといいかもしれないです。

当日にネイルアートを決めることもできます。
自分が好みの画像を持って行くと、より具体的になります。

その時に、ネイルサロンにそれだけの材料がそろうかどうかは、
そのお店次第なので、できれば、こういったものはありますか?
ということが聞けるくらいまでイメージが沸いているといいかもしれません。

ネイルケアや、パック、角質除去などケアに関するものに充実したネイルサロンもあります。
割引などもある所もあるのでチェックしてから行くのをおススメします。

その際に、爪のオフはあるかどうかを伝えます。
自爪なのか、ジェルネイルがあるのか等、自分の今の爪の状態を伝えます。

それによっては施術時間が変わってきて、
自分の希望時間に予約が取れるかどうかが変わってきます。

伝えておきたいこと

さらに、出る時間を言っておくといいでしょう。
これくらいに店を出たい、と伝えると、たいがい、その時間には出させてもらえます。
それによっても、メニューが施術できるかを判断してくれます。

また希望として、予算はこれくらいで…と伝えることもできます。
イメージもあり予算もあれば、これくらいの事ができますよ、
とネイリストが判断する事ができます。

色々やってもらったあとに、高くなって支払いができなくなるのは残念です。

ネイルサロンは、気にいったお店があれば、リピートする人が多いです。
自分の好みを分かってくれるネイリストがいる方が、
自分のやってほしいイメージが伝わりやすいからです。

そういった意味でも予約の際に、自分の希望をしっかりと伝え、
それが伝わって施術してくれるネイルサロン、ネイリストと当たると、
ネイルサロンに行くのがさらに楽しくなります。