爪の病気に気をつけよう!

爪も病気にかかることがある

爪は皮膚の一部だと言いましたが、その爪にも皮膚の病気があります。
その一つに緑色っぽくなる、「グリーンネイル」と呼ばれものがあります。

これは、ジェルネイルやマニキュア等、
爪のオシャレをしているうちに細菌等に感染してなってしまう爪の病気です。
意外に知られていないこの病気は、ネイルをする人にはよくある病気です。

爪をキレイに健康に保つために、爪の病気も知っておく必要があります。

グリーンネイルとは

スカルプチュアネイルやジェルネイルなどの爪のおしゃれを楽しんでいるうちに、
そのジェルネイルを放置する事で細菌が繁殖し、
罹ってしまう病気をグリーンネイルと言います。
その名の通り、爪が緑色に変色してしまいます。

ただ細菌が繁殖しているだけであれば問題はありませんが、
そのまま放置してしまうと、さらに大変な事になってしまいます。

このグリーンネイル、細菌ではありますが、爪カビの事を言います。
緑膿菌(りょくのうきん)と言って、
常在菌がネイルの間に入り込む事によって、爪が緑に変色してしまうのです。

爪はそもそも、水と脂でできた皮膚の一部です。
そのために、カビが入りやすく、繁殖しやすい環境にあります。

グリーンネイルは放置しない

ジェルネイルを長くつけることによって、
自分の爪とジェルネイルの間に隙間ができます。

そこの隙間にカビが繁殖してしまいます。この繁殖がすごい勢いでやってくるのです。
それでもジェルネイルは、色でカバーできるので、放置してしまう人もいるかもしれません。

しかしこれが大変な事になってしまうのです。

放置をしてしまうと、始めは黄色いのですが、
緑になり、深緑になって、最終的に黒色の爪になってしまいます。

そうすると、爪甲剥離(そうこうはくり)と言って、
爪がはがれてしまう病気になってしまう可能性があります。

これはとても怖い病気で、勝手に爪がはがれていくので皮膚が見えてきてしまうのです。

また黒い部分は皮膚が死んでしまった部分なので、
爪が再生しにくい状況にもなっているのです。

そのため、病院での治療が必要になります。

グリーンネイルになってしまったら

まずは、皮膚科で治療をしましょう。
しっかりと治療をすれば治ると言われています。

またグリーンネイルになってしまったら、
ネイルはお休みすることをおすすめします。
清潔にして、爪を休ませてあげるのが一番いいでしょう。

グリーンネイル対策は、まず清潔にする事。
ジェルネイルをしている人は、手洗いやお風呂に入ったら、水分を取り除くことです。

もしネイルが浮いて来たら、
そのままにせずジェルネイルを剥がし、少し爪を休ませる事が大切です。
お化粧と一緒で、皮膚には休む期間が必要です。