ネイルサロンからのお願い

onegai

マナーを守って楽しくネイル

様々なネイルサロンがあり、
新しいサロンなどもどんどん増えている状態ですが、
ネイルアートのためサロンに行く際には最低限必要なマナーをしっかり覚えておかなくてはなりません。

まず基本的にネイルサロンというのは
予約制をとっているところが多いので予約を入れた
日時には必ず間に合うように出かけましょう。

万が一体調が悪くなってしまいキャンセルする場合や、
どうしても急用ができてしまい怒れなくなった時には早めに連絡を入れるようにしてください。

ネイルサロンでネイリストと1対1の施術になるため
なんの連絡もなしにキャンセルをしてしまうとネイリストは非常に困ってしまうことになります。

また初めてネイルサロンで施術を受ける際には
爪の状態をチェックした上でどのような施術が良いのかといったカウンセリングが行われますが、
ここでは自分の素直な気持ちをしっかり伝えてください。

デザイン等に関してもできる限りわかりやすく伝えた方がネイリストとの
感覚の違いによって仕上がりに不満を感じてしまう事も少なくなります。

カウンセリングで万が一爪の状態が悪く、
今すぐには施術ができないので病院に行ってくださいと言われた場合には、
素直にネイリストからの指示に従いまずは爪の状態を健康に直すことから始めましょう。

当然のことですがネイルサロンでは両手をネイリストに預けることになりますので、
長時間携帯電話をいじってしまうようなことは避けた方が良いです。

施術時間が気になるようであれば、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

清潔な状態を保つ

ネイルサロンでは手の爪だけではなく、
足のネイルアートをすることもありますが、
どちらの場合であっても清潔な状態を保ってサロンに足を運ぶようにしましょう。

特に足の爪というのは知らず知らずのうちに
お風呂に入る際の石鹸カスなどが詰まっていて汚れることもあります。

臭いが出ていたり、汚れが目立っている状態では
ネイリストも快適に施術をすることができなくなってしまうので、
しっかりと清潔な状態かどうかを確認してからネイルサロンに行きましょう。

また施術を行っている最中で自分が希望したデザインと少しでも違うと
感じたらすぐにメーリスに伝えてください。

できるだけ早い段階で伝えることによって希望通りのデザインに変えることができます。

施術が終わったあとにサロンを出てからやっぱりデザインが気に入らないと言ってもらっても、
改めて料金が必要になってしまうケースがほとんどです。

ネイルサロンは自分だけが利用する場所ではなく
他にもお客様が利用する場所ですので必要以上に大きな声で話をしたり、
その他にも他のお客様に迷惑になってしまうような行為は控えなければなりません。

誰もがリラックスしてネイルアートを楽しむ場所ですので
自分勝手な言動で他のお客様に迷惑をかけるようなことは慎みましょう。