斬新!和風テイストネイル

和風テイストのネイルが素敵

着物、浴衣などの和服の装いには、ネイルが似合わないと思っている方も少なくありません。
しかしジェルネイルのデザインなどを見てみると、非常に和を感じさせるデザインやカラーリングがあり、着物などにあったデザインが豊富だという事がわかります。

例えばハンドというデザインでは、ベースカラーに和を感じさせる濃い赤が了されていて、そこにホワイトが組み合わせてある2トーンセパレートのデザインです。
赤ベースでそこにディープカラーをあわせ、さらに赤と非常によくなじむゴールドが利用され、この組み合わせが何とも和を感じさせます。

カラーで行くとベビーピンクやクリームイエローなどもあいますし、黒と赤とゴールド、紫と黄色などの組み合わせを行うと一気に和風になっていきます。
ゴールド、パール、またデザインにも和テイストをあしらっていくといいでしょう。

モダンアートネイルも素敵

プッチ柄というとドレスにあったデザインという印象があるのですが、カラーを藤色やクリームイエロー、ベビーピンクなど和を感じさせる色を利用する事で、美しく和テイストのネイルにできます。

ハンドでもシルバーでカラーを囲むように細いラインを引く、パールなどのアクセントをつける事でプッチ柄も和になります。
ゴールドやシルバー、パールなどを利用する事で和な印象にすることができるので、カラーリングや利用する小物をしっかり考えるといいでしょう。

フレンチネイルでもカラーを考えると和テイストに

フレンチネイルというとOLさんたちが職場でも安心してできるネイルデザインですが、このフレンチネイルを和にすることもできます。
この時にもポイントとなるのがカラーです。

通常、ホワイトとベビーピンクなどの組み合わせをしますが、うすい透明感のあるホワイトをベースにしてラインはラメ入りシルバーなど利用、爪先にブラックを利用しても嫌みがなく、普段はトライしにくい黒ですが、上品に利用する事が出来ます。

セパレートデザインもシックモダンに

和テイストにしたいという時、最も便利なカラーが黒、赤、ゴールドです。
黒と赤を利用してどこにゴールドが入るだけで和の雰囲気がぐっと出てきます。
黒のお着物にもよく似合いますし、和装でパーティにいく際などにもこのカラーリングは引き立ちます。

セパレートデザインでも赤、黒、ゴールドでメリハリをつけて、手毬のような柄を付けたり、帯留めのような柄をゴールドの細いラインで演出すると、ぐっと豪華なネイルになります。

このカラーリングのほかにも、訪問着など淡い色のお着物の場合、桜色にパールを利用する、藤色とホワイトをあわせたフレンチネイルにゴールドのラインなど利用すると和テイストでも控えめな印象のネイルにできます。